開園期間
4月15日~11月30日
休園日
4月15日~8月31日無休
9月1日~11月30日は     毎週水曜日(祝祭日は開園)
開園時間
午前9時~午後4時30分         (最終入園は、午後4時迄)
入園料
☆大人 4月~8月500円
      9月~11月300円
☆小学生・中学生150円
   
夏休み1ヶ月間無料
シルバー(80歳以上)
   
無料
シルバー(70~79歳)
   10%割引
身体障害者手帳等を交付されている方・幼児
   無料
団体20名以上
   20%割引
※無料・割引入園は、証明書等の提示が必要です。
駐車場(無料)
乗用車 50台
大型バス10台 
※バスは要予約
無料貸出
車椅子5台、雨傘
※ペットを連れての入園は  ご遠慮願います。
 2013年6月29日に、栃木県マスコットキャラクター「とちまるくん」が撮影のため来園しました。水生池の水面に咲く「スイレン」を見てたいへん喜んでいました。
 平成23年4月、次代を担う子供たちの「緑を守り育てる心の育成や自然科学に対する好奇心の醸成」を目的に、人類の貴重な財産「ニュートンのりんごの木」を植栽、春には桜にも似た美しい花の観賞、実りの秋には偉大な物理学者ニュートン気分で、「りんごが落ちる」のを見ることが出来るでしょう。
 園内情報 クリック  
本文へジャンプ
日光市上三依水生植物園の敷地には、早春のミズバショウの開花に始まり、サクラソウ、クリンソウ、ニッコウキスゲ、スイレン、ベニコウホネ、シュウメイギク等が咲き、また、幻の花と言われ愛好家を虜にしてやまない「ヒマラヤの青いケシ」や「高山植物の女王コマクサ」等々、約300種、3万本の植物が季節を彩り咲き競います。
 かみみより        日光市上三依水生植物園
 
HOME
2016年☆7月25日更新☆しました。
おしらせ
 注:この関連ページはOS環境がインターネットエクスプローラー以外では正しく表示されない場合があります。
TOP
〒321-2802
 地域発ライブカメラ設置
 
 クリックライブカメラ1 
 「理念」
上三依水生植物園は「市民及び観光客の憩いの場」を創出し、利用者に「サービス、感動、癒し、スローライフを提供します。
「基本方針」
植物園が、市民に愛され親しまれる憩いの場としての整備拡充に加え、感動や、癒しを享受できる活動拠点として、自然に対する親しみと敬いの心を育む活動拠点とし、自然環境の保全や利用者のニーズに応え、観光資源の開発、企画事業の創設、文化財保護等にも努めます。
クリック ライブカメラ2 
御来園の皆様に御協力を戴きました「熊本地震災害募金」金13,963円は平成28年6月23日・日本赤十字社栃木県支部に「平成28年熊本地震災害支援金」として御届け致しました。皆様の御協力ありがとうございました。
キレンゲショウマ」開花しました。
現在、開花中の花たちです。↓
 日光地域の観光施設では初めての試みです
 以下、前年度までの更新分です。
 
日光市上三依水生植物園
栃木県日光市上三依682

電話0288-79-0377
E-mail:kamimiyori
@yamasyokubutu.co.jp
開 花 情 報 日光市上三依水生植物園
  平成28年 7月25日現在
乾生草原、湿生草原、水辺等の花たち
シキンカラマツ、ヘメロカリス、ユウゼンギク、ハナツリフネソウ
サワギキョウ、ノカンゾウ、コウホネ、ノコギリソウ
フサフジウツギ、ギボウシ、シラヒゲソウ、スイレン、シモツケ
ハアザミ、モナルダ、ツリガネニンジン
クサキョウチクトウ、ソバナ、ヌマトラノオ
ユウスゲ、コヒマワリ、ヤマアジサイ他
【今月の催しもの】  7月16日(土)~8月28日(日)まで 「水と橋めぐりスタンプラリー」開催         塩原温泉観光協会協賛事業
園内の花は、お花畑のように群落で咲いては
いませんが、それぞれ精一杯咲いています。
咲き競う植物たちの桃源郷!
日光市上三依水生植物園
日光市上三依682  (電話)0288-79-0377
E-mail : kamimiyori@yamasyokubutu.co.jp
 開園時間・入園料・開園期間はこちらから!
  準備中です。
  開花カレンダーはこちらから。
  準備中です。
 「ニュートンのりんごの木」詳細はこちらから!
 準備中です。  
 
所在地